菟田野秋祭り 2015

10月18日(日)、この日は我が町の秋祭りの日でごぢゃりました。
d0272242_09021709.jpg

d0272242_09022242.jpg
私、今年は地区の子ども太鼓台の役員が当たっていたため、カメラぶらり出来たのは、その片付けが終わってからでしたので、午後2時半ぐらいから・・・
d0272242_09022764.jpg

d0272242_09022532.jpg
このお祭り、上社におられる女神さんが中社の男神との年に一度のデート日・・・
これがその女神さんの御神輿。
d0272242_09023074.jpg

d0272242_09023352.jpg
んで、太鼓台はそのお供となる訳なんです。
d0272242_09023622.jpg

d0272242_09023969.jpg
太鼓台は約2tほどの重さなんで、これだけの人数で担ぐと、一人当たり重量を考えれば、そうそう大した重さでは無さそうな気がするんですがね・・・
d0272242_09024311.jpg

d0272242_09024645.jpg
ところがです。
私も腰を痛めるまでは担いでいたのですが、前が上がれば後ろに重量がかかり、右が上がれば左が重い・・・前後左右が均等に上がって初めて動くという、そんな感じかな・・・でも、「それがなかなか思うようになにらず」なんです^^;
d0272242_09025596.jpg

d0272242_09025718.jpg
でも、担ぎだすとコレがまたクセになる面白さもありましたね、
d0272242_09030075.jpg

d0272242_09030325.jpg
また、どういうのかなぁ~・・・担ぎ手の一体感というのか、一つの太鼓台を担いでいると、若きも年配者もそんな感じに包まれるのも快感(^-^)
d0272242_09030651.jpg

d0272242_09030805.jpg
(上)ここ数年通って下さっている写友のNさん・・・「毎年、こんな田舎のマイナーな祭りに来て下さって、ほんま、おおきにさんでございます」m(_ _)m
d0272242_09031063.jpg
それに、ココには写っていないですが、今年は兵庫のJさんまで来てくれはって、嬉しかったm(_ _)m

d0272242_09031298.jpg
日も傾きはじめたころ、
楓の里・ひららで、Nさんご家族、Jさんご家族に混ぜて頂いてのティータイム。
午前中は子ども太鼓台で怪我などささないように気をつかったけど、ほんま、楽しい一日を過ごさせて頂きました(^-^)/

[PR]

by kogarasumaru6 | 2015-11-15 09:45 | 奈良県 | Comments(12)

うたの みくまり 秋祭り 其の参

いっやー!
やっとこさで、〝其の参〟のUPです^^;
d0272242_06530919.jpg
使っていたブラウザ(Google chrome)の調子が悪いのか、更新しようとして『exciteマイページの作成へ行くと、停止するという不具合の発生』でして、Firefoxに変更するとともに、ついでにexciteのIDも変更してUP(^^)
d0272242_06531309.jpg
陽が落ちて、ほんのしばらくの間だけの時間にシャッターすると、空がブルーに写るんですよね・・・この暫くの時間が好き(^-^)
d0272242_06531592.jpg
d0272242_06531781.jpg
完全に落ちてしまうと、ブラックバックに。
d0272242_06532017.jpg
まぁ、毎度のことですが、同じような画像が並びますけど・・・^^;
d0272242_06532231.jpg
d0272242_06532400.jpg
脚を持つとカメラの自由度が制限されてしまうので、手持ちのカメラをどこかにを押しつけたり、コンクリートの車止めなどの上に載せて撮ったり(^^)
d0272242_06532603.jpg
陽が落ちて、ぼんぼり灯る太鼓台を撮れることは地元の強みということなのでしょうけど、ほとんどがボケブレのオンパレードでごぢゃりました(^^;)/

[PR]

by kogarasumaru6 | 2014-11-16 07:26 | 奈良県 | Comments(8)

うたの みくまり 秋祭り 其の弐

d0272242_13084218.jpg
神社、宮入・・・、これがすんだら昼飯ぢゃ(^^)
d0272242_13084505.jpg
d0272242_13084848.jpg
六基の太鼓台、まずは宮本(古市場)が入って、最後は芳水(芳野)がトリとなります。
d0272242_13085208.jpg
d0272242_13085596.jpg
それぞれお昼がすむと、今度は帰り道の遠い太鼓台から出て行きます。
で、出るときは二基、三基と太鼓台が入り組んで廻りますんですけど、安全のため指導は二基までなんですよねぇ~(^^)
d0272242_13085777.jpg
d0272242_13085950.jpg
でもね、指導はあくまで指導であって、こうなると誰にも止められましぇーん(^_-)
d0272242_13090199.jpg
d0272242_13090371.jpg
二基よりか、三基・・・、自然とヒートアップしますし、なにより観客さんも喜んでくれはるしネ(^-^)
d0272242_13085011.jpg
佐倉太鼓台が鳥居をくぐり、帰途へ向かいます。
d0272242_13090660.jpg
私の地区の太鼓台も帰途へ・・・
さて、私はこれから陽の落ちてからの太鼓台を狙って、最後まで一緒に歩くことにします(^^)/

[PR]

by kogarasumaru6 | 2014-11-03 13:31 | 奈良県 | Comments(8)

うたの みくまり 秋祭り

10月19日、地元の秋祭りの日。
私の地区の太鼓台を追いかけてみました。
d0272242_18381705.jpg
d0272242_18382058.jpg
一日の安全を祈願して樽酒にて乾杯・・・私は日本酒は苦手なのですけど、ちょっとだけネ(^-^)
d0272242_18382213.jpg
これ、私の家の前です。出発地の神社から5分もかかりませんです。
カーブミラーに映る太鼓台を狙ってたんやけど、朝の冷気で曇ってるし^^;
d0272242_18382401.jpg
d0272242_18382708.jpg
で、私ゃ家で朝飯を喰らって、ゆるりとして昼前に六基の太鼓台が集合する〝待ち合わせ場所〟へおもむろに出かけるのであります。
d0272242_18382961.jpg
d0272242_18383281.jpg
さて、上から下ってくる太鼓台も揃ったので、いざ水分(みくまり)神社へ出発ぅぅぅ(^^)
d0272242_18383787.jpg
d0272242_18383440.jpg
前が動かないと後ろも動けないということもありますが、お姫神様のお乗りになっている御神輿との兼ね合いもあるので、その時間を調整しながら進むのであります。
d0272242_18383961.jpg
d0272242_18384451.jpg
R166号・地蔵の辻の横切り・・・、ここは境内ほどではありませんが、太鼓台回しの見せ場の一つとなっているところなんで、私も思いっきり近くで接近シャッター(^^)
d0272242_18384662.jpg
度々の時間調整と、宮入後の太鼓台回しにむけての気力と体力を溜め込む。
d0272242_18384958.jpg
さて、そろそろ行くとしますか。
d0272242_18385268.jpg
ここね、鳥居をくぐる直前なんですけど、直角に入るので、一番外側の棒鼻も怖いですけど、真ん中内側が石柱に気を付けないと挟まれる可能性が大のところなんです。
d0272242_18385520.jpg
さて、無事に鳥居をくぐりまして、この後境内をまわるのですけど、お宮さんを出るときは数基で回るのですけど、宮入は一基づつ回るので、ここで先の太鼓台が回り終えるのを待つこととなるんですよね(^_^)/

d0272242_08114675.jpg
追加画像・・・、
このお祭り、一年に一度、上の神社におられる姫神様が、中の神社におられる男神さんに逢いに行くという(五穀豊穣)お祭りなんですけど、その姫神様の御神輿(鳳輦神輿)、現物は国の重要文化財に指定されているので、これはレプリカですが・・・。
太鼓台は、この神様デート御輿の行列を祝う、いわばお供となるものなんですけど、昔(私の小さい頃)は神馬も加わってもっと大行列となっていたのですけど・・・。

[PR]

by kogarasumaru6 | 2014-11-01 19:47 | 奈良県 | Comments(10)