300mmカバーレンズが4本

なんか、300mmをカバーするレンズが4本になったので、撮り比べを・・・
要は暇つぶしです(^^;)
d0272242_09343246.jpg

撮り比べは、所有のこの4種のレンズ・・・
左から・・・T社 SP150-600mm f/5-6.3 → C社 EF70-300mm f/4-5.6L → T社 18-400mm f/3.5-6.3 → SMC Takumar 300mm単。
d0272242_09343645.jpg
単焦点は、Takumar 300mmだけ・・・それも、昔にペンタESⅡ(今でも使おうと思えば使える)で使っていた約半世紀前レンズ(^^;)

カメラは全レンズともEOS 7DⅡで、ISO400・絞り8.0・焦点距離300mm フード無しでの通し設定。
RAW撮りして、DPPで現像処理してますが、スライダーは全く動かさずにそのままJPG変換してます。


先ずは約半世紀前に発売されたTakumar 300mm単焦点。
d0272242_09350921.jpg
d0272242_09354285.jpg
で、トリミングで一部を切り取り画像。


次は純正のEF70-300mm。
d0272242_09351341.jpg
d0272242_09354581.jpg
同じく、トリミングで一部を切り取り画像。


次は私が鳥撮りでよく使っているSP150-600mm。
d0272242_09351672.jpg
d0272242_09354862.jpg
トリミングで一部を切り取り画像。


最後は、旅レンズにイイかななんて思っている18-400mmで。

d0272242_09352081.jpg

d0272242_09355169.jpg
トリミングで一部を切り取り画像。


私は専門家やないのでこれ以上は書くこともないですが、何かの参考になればと思ってのUPですのでツッコミは無しでお願いね・・・だって答えられへんもん(^_^;)/

[PR]

by kogarasumaru6 | 2017-07-25 10:25 | カメラレンズ | Comments(0)

前鬼・不動七重の滝 遊歩道

先ずは、以前に遠景で撮った不動七重の滝・・・
d0272242_08595217.jpg
今回は、この滝の近くまで歩いてみようということで行って来ました。
d0272242_08411748.jpg
ここへ車を止めまして・・・(ここから700m先の展望所で撮ったのが上の画像)
川原までの高低差100mの径を下っていきます。
d0272242_08413432.jpg
d0272242_08420653.jpg
やっと、川が見えてきました。

d0272242_08422247.jpg
d0272242_08422728.jpg
「おっ、なんや、たかが1Kmかい、楽勝やん」なんて思うなかれ(^^;)
d0272242_08424397.jpg
底までは深そうですが、綺麗な水で底石まで見えています。
d0272242_08423566.jpg
d0272242_08425462.jpg
丈夫そうな吊り橋を渡って対岸へ・・・ちなみに、以前に架かっていた吊り橋は台風で流されて新しく架け替えられたらしいですが、それ以前に対岸へはこの橋で渡っていたと思われます。
d0272242_09155314.jpg



d0272242_08430328.jpg


d0272242_08431470.jpg

d0272242_08434354.jpg
対岸の遊歩道・・・というより殆ど登山のアプローチ道やん^^;

d0272242_08434332.jpg
川原道が終わると、いよいよ心臓破りの900階段の始まり(^^;)

d0272242_08434104.jpg
階段の段差が高い低いがあって、一定では無いので余計に疲れる・・・

d0272242_08434152.jpg
「やっと、あと100mかい」
d0272242_08434185.jpg
今度は下り勾配・・・「足が笑ってきた^^;」


d0272242_08441129.jpg
d0272242_08441093.jpg
ヤットコサで滝見台へ到着!(^^)!


しかし、ここからでは壺が見えない・・・
見渡すと下への径が・・・
d0272242_08441047.jpg
しかしながら、急勾配の崖のような径ですので自己責任で下りますが、お勧め出来ません。
踏み足が滑ると、運が左右しますが、壺まで超特急ですので命の保証はありませんです。

d0272242_08441111.jpg
帰りは勿論のこと、来た道を戻る訳ですから900階段の下りを強いられ候(^^;)


d0272242_08441115.jpg
やっと、川まで下ってきたが、あと「まだ車まで高低100mの急勾配の登りがあるのんか・・・、しかし登らなきゃ帰られへんしなぁ~」(-_-;)

d0272242_08441271.jpg
ということで、車まで戻ったのですが、この一脚・・・
「滝撮りやから三脚の方がイイやろけど、重いしなぁ~」ということで持って行ったのですが、カメラ固定では無く、ステッキ代わりで大活躍でした(^^)/

@ 参考までに、「遊歩道やから・・・」ということで、サンダルは勿論ですが、スニーカーでもあまりお勧めできません。
出来れば、ミドルカット以上でソールのしっかりした靴でお出かけ下さい。

[PR]

by kogarasumaru6 | 2017-07-02 10:30 | 奈良県 | Comments(0)