ハヤブサ ヒナ・・・6月1日

ハヤブサ ヒナの姿を見にまたもや行ってましたであります。
いつもは一人なんですが、この日は、イラン取材で帰国間もない模糊さんと、奈良駅で待ち合わせて二人で行ったのですけど、現着するなり「入れる余地があるやろか?」というほどの、今まで見たこと無いカメラの放列にビックリ!
とにかく、空いている所へ割り込ませて頂き撮影開始(^-^)
d0272242_18312873.jpg
前回と比べると随分大きくなりました。
d0272242_18313297.jpg
何番子か私には判りませんが、子どもであっても、そこはやはり食物連鎖の頂点に位置する猛禽類の貫禄が(^-^)
d0272242_18313695.jpg
親鳥が獲物をつかまえて帰って来たようですが・・・(足に獲物を掴んでいるようなんですけど、うまく撮れず-_-;)
d0272242_18313914.jpg

d0272242_18314381.jpg
エサを放り込んだと思ったら、すぐに次の獲物を捕らえに出かけた様子・・・子どもたちが見送っているように見えますネ(^-^)
d0272242_18314739.jpg
ハッキリとは見えなかったけど、やはり食事を入れたようです。
子どもたちが、放り込まれた食事に貪りつきだしました。
d0272242_18315019.jpg
                  もう少し経てば巣立ちかなぁ~。
d0272242_18315403.jpg
四ヒナが居るというのは判っていたのですが、なかなか四兄弟の揃ったところが撮れなかったのですが、やっと『ハヤブサ四兄弟』の揃った姿が撮れました!(^^)!
ココへ通っている常連さんも、「これだけうまく揃ったのは初めて」ということでしたです(^_^)/


[PR]

by kogarasumaru6 | 2015-06-15 19:05 | 京都 | Comments(10)

Commented by kame-photo-2 at 2015-06-15 23:02
こんばんはです!
ハヤブサのヒナ四兄弟・・・バッチリ撮れてますね〜
1日といえば平日、にもかかわらず放列とは目ざといんですね〜
あのコミミ同様1000mmクラスの再現なんでしょうな(笑)
Commented by 時計好き at 2015-06-15 23:42 x
おお~前の顔だけちょろっと見えてる写真だと分かりませんでしたけど、もう結構しっかりしてるんですね。
所々綿毛のようですけど(笑)

お食事シーン・・・弱肉強食ですね(^^ゞ
Commented by kogarasumaru6 at 2015-06-16 09:04
kame さん、
ハヤブサの産卵は3~4個ということですから、全卵無事に孵ったということでしょうかねぇ~(^-^)

>あのコミミ同様・・・
そうですね、カメラは約20機ぐらい脚に固定されてたかな。
その殆どが、私の150-600mmが小さくみえるような、大口径超望遠装着でした。
コミミは広い川原でしたから、横にズラ~と並べましたが、ココは谷間、20機のカメラ(いつもは、この日の約半分ぐらい)、それも三脚付きが並ぶと、入る余地が殆どないですぅぅ~。
それでも、折角遠征して来たんやから、近くのヤマセミみたいに「今日は多いからまた来るか」なんて出来ないしねぇ~^^;
「ココに脚たてさせて貰っても大丈夫ですか?」なんて、おことわりを入れてから割り込ませて頂きました(^^)/
Commented by kogarasumaru6 at 2015-06-16 09:14
時計好き さん、
こういうのんは成長が早いですねぇ~(^^)
この前に来たのが20日やったから、約10日でこれだけ大きくなるやもん(^-^)
食事シーンは残酷なようやけど、これも自然の摂理というのでしょうか、私ももう少しくっきりハッキリ、大きく捉えたかったのですが、私のレンズではトリミングしてコレが精一杯ってトコでした。
「白色大砲の単焦点なら、もう少しイケるんでしょうかねぇ?」
って尋ねても、とても買える代物ではないですが・・・(^^;)/
Commented by benisijimi-50 at 2015-06-17 18:22
おっ!!
雛のそろい踏みですね!
4羽もこんなに育つ事があるんですね。
精悍な顔立ちやその風貌はハヤブサそのものですが、綿毛のようなのが残っていて可愛いです。
こういうシーンが撮れると、通った甲斐がありますよね。
Commented by hirosi906 at 2015-06-17 23:25
4羽居てるんですね。
もう大分大きくなってハヤブサらしくなってきましたね。
無事育って飛び立ってほしいですね。
Commented by kogarasumaru6 at 2015-06-18 07:16
benisijimi さん、
こういう森林場所って、オオタカやクマタカの場所となるのですが、ハヤブサって、本来は海岸線など、その速い飛行能力をいかせるもっと開けた場所をホームとしているらしいんですけどね。
今、生駒山麓の端の方や、ビルの窓などのテラスとなるようなところを巣としているのは、それだけ海岸線の崖などが開発などで少なくなってきたということでしょうかねぇ~。
でも、4羽もヒナが無事にここまで育つということは、獲物となるものがそれだけ捕食出来るということなんでしょうけど・・・
獲物が少ないと、親鳥は子どもの数を減らしてでも育てるらしいですから、末っ子などはエサが貰えず死んでしまうようなんです。
でも、ホント、4羽もこうして元気に育っててくれて嬉しい気がします(^_^)/
Commented by kogarasumaru6 at 2015-06-18 08:33
hirosi さん、
子どもでまだ小さくても、やはりそれなりの貫禄というのがありますよねぇ~(^^)
でも、このハヤブサって、インコの仲間に入るらしいですよ。

beni さんへのReにも記しましたが、4羽のヒナを育てるだけ食料が確保できる恵みがあるいうことは、「それだけまだ自然が残ってあるんや」という証にもなるじゃなかろうかと思うと、人間としても嬉しいです(^_^)/
Commented at 2015-06-19 22:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kogarasumaru6 at 2015-06-20 11:34
鍵 コメ さん、
私、今日はハッチョウトンボをUPしましたが、そうですね、トンボは大きくても小さくても食性は変わりないですもんね(^^)

>春よりも夏・・・
おっしゃるとおりかも。
巡り会いの少ないのは、絶対にコヤツのせいやと私も思ってしまいました(^^)/